効能

葉酸の効能を知ろう

水溶性のビタミンBの一種である葉酸は体の細胞を作るときに必要な栄養素ですので、妊娠初期や妊娠したい女性、または成長期の子どもたちに積極的に摂取してほしいものとして知られています。
葉酸を摂取することで人は健康的な生活を送ることができますが、具体的にどのような効能があるのか、主なものについてお話します。

まず一つ目は細胞の分裂や再生を助けるという効能です。
人間の体はDNAをもとにして作られていますが、DNAの配列異常がガンなどの病気を引き起こしたり、胎児が奇形児になる可能性を高めます。
胎児については、葉酸の不足によって神経管の障害を起こす子供が生まれる率が高くなるという研究結果も出ていますので、子供が神経管障害を持って生まれないよう予防のためにも受胎前から必要であると言われています。
胎児は母親のお腹の中で細胞分裂を繰り返して成長しますから、妊娠初期は特に積極的に摂取しなければいけません。

二つ目の効能は貧血予防であり、赤血球を作るためにビタミンB12とともに欠かせない成分だとされています。
一般的に赤血球の不足は鉄分が原因だとされていますが、葉酸が不足すると人は赤血球が巨大化して正常に働かなくなり、悪性貧血を引き起こし、身体に酸素が行き渡らなくなってしまいますから要注意です。

三つ目の効能は動脈硬化の予防です。
葉酸が不足すると、人は悪玉アミノ酸であるホモシステインの濃度が増えて動脈硬化を起こします。
動脈硬化は生活習慣病である心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険がありますから注意が必要です。

葉酸には元気な赤ちゃんを生むためだけでなく、自分の健康を維持することができる効能があるのです。
自分は妊娠する予定がないから摂取する必要がないとは考えず、貧血を予防したり、命の危険がある心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病から体を守るために、食物から、そして足りない分についてはサプリメントから積極的に摂っていきましょう。